この記事は約 4 分で読めます

東京都文京区後楽の『小石川諏訪神社』の2016年「献菊祭」限定御朱印をいただいたので、お礼参りしてきました。

こんにちは。

 

前回ご紹介した「牛天神北野神社」の帰りに東京都文京区春日にある『小石川諏訪神社』にお参りしてきました。

 

この『小石川諏訪神社』は日頃から無人のひっそりとした神社ですが、まぁ「牛天神北野神社」の「献菊祭」で『小石川諏訪神社』の御朱印をいただいてしまいましたので、お礼参りに行ってきました。

 

ということで、今日は『小石川諏訪神社』にお参りに行って、御朱印をいただいてきたお話しをしたいと思います。

『小石川諏訪神社』の御由緒

 

『小石川諏訪神社』の正式名は「諏訪神社」といいます。が、ここでは他の「諏訪神社」と区別するために『小石川諏訪神社』でブログを書かせていただきます。

 

『小石川諏訪神社』は1390年(明徳元年)に牛天神別当「龍門寺」の住職であった乗観法印が「信州諏訪大社」より勧請し、創建したと伝わっています。

 

ちなみに、牛天神別当「龍門寺」は明治の廃仏毀釈で消滅し、現在「牛天神北野神社」だけになっています。つまり、昔は神仏習合で神社とお寺が一緒になっていたのですが、明治の時に分離してしまったのですね。

 

話を戻します。ある夜、乗観法印の夢に諏訪明神が現れ、

 

諏訪明神:「汝の在国に清浄の地ありや」

 

乗観法印:「寺(龍門寺)の西南に当たりて杉松のうっそうとした浄地なり」

 

諏訪明神:「我其の地の森に移りて民を守り、汝が思いを満足せん」

 

とお告げを受けた夢をみました。

 

また、諏訪明神の夢を見たその日、この辺りでは大風が吹き荒れ、風が収まった後に一本の大木に白幣がたなびいていたそうです。

 

後日、この白幣の光景を聞いた乗観法印は、民衆に諏訪明神のお告げの夢を話し、民衆の協力も得て『小石川諏訪神社』が建てられたとのことです。

 

『小石川諏訪神社』の「献菊祭」の様子

 

「牛天神北野神社」で「献菊祭」が行われていても、こちらの『小石川諏訪神社』は無人でした。こういう無人の神社は嫌いではないのですが、ポツンと私独りでいると、なんかいてはいけないような気分になるのは私だけかしら。

 

こちらの写真は『小石川諏訪神社』の境内にある「思の森稲荷神社」です。

 

先ほど紹介した御由緒の中で、諏訪明神が「我其の地の森に移りて民を守り、汝が思いを満足せん」と言った「其の地の森」が「思ひの森」です。

 

「思ひの森」は、諏訪明神とのやりとりにより“思いを満足させる森”ということで、当時のこの辺りを「思ひの森」と呼ぶようになったと言い伝えられています。

 

 

こちらは手水舎です。

 

ん~、無人なのが寂しいですね~。何か工夫すれば、人が集まる神社になるでしょうに!でも、祀っている神様が異なるため、「牛天神北野神社」の「献菊祭」と一緒に、こちらも「献菊祭」をするわけにはいかないのでしょうね!

 

スポンサーリンク

 

『小石川諏訪神社』の「献菊祭」限定御朱印をいただきました。

 

さて、『小石川諏訪神社』の「献菊祭」限定御朱印は「牛天神北野神社」の社務所でいただくことが出来ます。

 

 

これが今回いただいた『小石川諏訪神社』の「献菊祭」限定の御朱印です。

 

「牛天神北野神社」の社務所で、「牛天神北野神社」「太田神社」「高木神社」「小石川諏訪神社」「出世稲荷神社」の5ヶ所の御朱印をいただくことが出来ますが、前回ごお話しした通り、人気の御朱印であるため、出来上がるのにかなり待ちます。

 

でもこれだけキレイな御朱印ですので、私は待ってでもいただく価値はあると思っています(^^)。

 

『小石川諏訪神社』の「献菊祭」限定御朱印をいただくポイントのまとめ

 

『小石川諏訪神社』は東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩8分、都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」から徒歩11分、JR東日本中央線・東京メトロ東西線・南北線・有楽町線・都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」から徒歩8分かかります。

 

ですがお知らせの通り、「献菊祭」の最中でも『小石川諏訪神社』では「献菊祭」は行っておりませんし、無人です。

 

なので、「献菊祭」と「献菊祭」限定御朱印を目当てに行かれるのであれば、『小石川諏訪神社』をお参りした後、兼務社の「牛天神北野神社」にお参りに行くと良いと思います。

 

「牛天神北野神社」には東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩10分、都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」から徒歩10分、JR東日本中央線・東京メトロ東西線・南北線・有楽町線・都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」から徒歩10分かかります。

 

『小石川諏訪神社』からは徒歩1分から2分くらいかかります。

 

『小石川諏訪神社』の参拝者専用駐車場はありません。近くにコインパーキングがありますが、少数しか駐められない駐車場ですので、私はオススメしません。

 

今回『小石川諏訪神社』の「献菊祭」限定御朱印をいただいたときは、私の場合、2時間から3時間くらい待つと言われたため、御朱印帳を「牛天神北野神社」の社務所に預けて翌日受け取りに行きました。

 

その他の『小石川諏訪神社』の情報は下記の通りです。

『小石川諏訪神社』の駐車場:無し

『小石川諏訪神社』のオリジナル御朱印帳:無し

『小石川諏訪神社』の「献菊祭」限定御朱印の初穂料:500円

『小石川諏訪神社』の「献菊祭」限定御朱印の授与機関:献菊祭開催日(2016年は11月12日でした。)

『小石川諏訪神社』の「献菊祭」限定御朱印をいただける寺社:牛天神北野神社

牛天神北野神社・社務所の対応時間:9:00~17:00

 

無人であるため寂しい神社ですが、人々の「思い」がこもった温かい神社です。東京都文京区春日に訪れた際には、ぜひとも『小石川諏訪神社神社』にお立ち寄りあれ!ではでは(^^)/。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。何かの参考になれば幸いです。