この記事は約 3 分で読めます

長野県長野市長野元善町の『善光寺』で8月限定の御朱印をいただきました。

こんにちは。

 

長野を少しずつ観光で開拓していますが、そういえば長野の『善光寺』に行ってないよね!ということに気づき、思い切って『善光寺』とその周辺を開拓してきました。

 

『善光寺』では夏の時期は8月限定の御朱印があります。もちろん、いただいてきましたよ!

 

ということで、今日は『善光寺』にお参りに行って、8月限定の御朱印をいただいてきたお話しをしたいと思います。

 

『善光寺』の8月限定とは?

 

『善光寺』では季節限定の御朱印が授与されております。

 

8月の季節限定御朱印は、銀色の和紙に墨の字で書かれた御朱印になります。

 

お参りに行った平成29年8月14日は、今年で11回目のお盆縁日が行われており、たまたま重要文化財である山門(三門)の回廊巡りと重なって大いに賑わっておりました。

 

重要文化財の山門(三門)回廊巡りは、このお盆縁日中に限り夜間も行われていたようでして、提灯の明かりで普段見ることができない善光寺や門前町を見ることができたようです。

 

『善光寺』の8月限定の御朱印を「本堂」でいただきました。

 

さて、今回も御朱印をいただきました。

 

『善光寺』の御朱印は「本堂」の前の「授与品所・勧募窓口」でいただくことが出来ます。

 

 

こちらが『善光寺』の8月限定の御朱印です。

 

繰り返しで恐縮ですが、『善光寺』の8月限定の御朱印は、銀色の和紙に墨の字で書かれた御朱印になります。

 

『善光寺』のホームページで季節限定の御朱印を確認すると、8月と1月の季節限定御朱印は同じっぽいです。お正月とお盆で同じ御朱印にしているのですかね。

 

『善光寺』のまとめと8月限定の御朱印をいただくポイント

 

『善光寺』へのアクセス

『善光寺』へは、JR東日本「長野駅」から徒歩で約30分です。

 

公共の交通機関ではJR東日本「長野駅」善光寺口のバスロータリー「1番のりば(善光寺方面行き)」発の路線バスに乗って、「善光寺大門」下車、「善光寺大門」から徒歩5分です。

 

今回も私はJR東日本「長野駅」から徒歩で『善光寺』まで行きました。長野といえど、さすがに暑いです!飲み物の用意するなど暑さ対策をしっかりする必要があります。

 

『善光寺』を参拝する上での注意点

『善光寺』を参拝する上で、特段の注意点は無いと思われます。

 

『善光寺』本堂の中は薄暗いです。他の参拝者とぶつからないように気をつけて参拝してください。

 

『善光寺』の8月限定の御朱印をいただく注意点

『善光寺』の8月限定の御朱印は書き置き限定ですので、御朱印をいただいた時の待ち時間はありませんでした。

 

ただし、枚数に限りがあるようです。なので、授与できない時もあるそうです。

 

『善光寺』の情報のまとめ

『善光寺』周辺の駐車場:普通車500円(2時間まで)

『善光寺』のオリジナル御朱印帳:有り

『善光寺』の通常の御朱印の初穂料:300円

『善光寺』の8月限定御朱印の初穂料:500円

御朱印所の受付時間:お朝事から本堂内陣参拝終了まで

※お朝寺の時間は季節により異なりますが、8月は午前5時30分から午前5時45分の間です。

※本堂内陣参拝終了の時間も季節により異なりますが、8月は午後4時30分です。

 

今年の10月に長野で用事がありますので、今度『善光寺』に来るのは10月になると思います。

 

無事いただくことが出来ましたら、このブログでお知らせしますね!

 

ということで、長野県の長野市に訪れた際には、ぜひとも『善光寺』にお立ち寄りあれ!ではでは(^^)/。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。何かの参考になれば幸いです。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017