この記事は約 6 分で読めます

長野県長野市南千歳の「MIDORI長野」の『小布施堂』で「朱雀モンブラン」を買って食べました。

こんにちは。トラベです。

 

何かと長野駅に行く機会がありまして、そういえば長野の名産品やお土産品を何も紹介したことがなかったとも思い、今回ブログの記事にしてみました。

 

長野で有名なものを紹介するとなると、それなりに名が知れているものを紹介しないといけないと思い、長野駅のステーションビルを探検してきました。

 

で、長野の名産品で有名といえば『小布施堂』の栗菓子だと思います。『小布施堂』は栗菓子で人気があるのは「栗の天心 朱雀」ですが、この「栗の天心 朱雀」をお家でも楽しめるようにと販売されたのが、「朱雀モンブラン」です!早速、買ってきて食べてみましたよ!

 

ということで、今日は長野駅のステーションビル「MIDORI長野」の『小布施堂』でお土産品「朱雀モンブラン」を買って食べたお話しをしたいと思います。

 

長野駅のステーションビル「MIDORI長野」と『小布施堂』について。

 

長野駅のステーションビル「MIDORI長野」とは、2017年(平成27年)開業の長野駅に接続されている駅ビルのことで、長野駅の善光寺口にあります。

 

この「MIDORI長野」の駅ビルの中には、「スターバックスコーヒー」や「不二家」などの全国規模のチェーン店だけでなく「桜井甘精堂」や「みすゞ飴本舗 飯島商店」などの長野県の老舗店も入っており、合計約111のお店が長野駅を盛り上げております。

 

 

で、この「MIDORI長野」の2階に栗菓子の銘菓である『小布施堂』の支店も入っております。

 

この『小布施堂』には、毎年秋の1ヶ月間のみ本店や本宅だけで提供される「栗の点心 朱雀」というお菓子があります。

 

「栗の天心 朱雀」とは、その秋に穫れた新栗をペーストにして素麺状にしたものを、栗餡の上にふわりと盛り、新栗をそのまま味わうことができる季節限定のお菓子です。秋には『小布施堂』の本店や本宅で行列ができるほどの人気菓子となっております。

 

 

今回紹介する「朱雀モンブラン」は、この「栗の点心 朱雀」を自宅でも食べることができるよう、特別に仕立てた商品です。

 

「朱雀モンブラン」の中身は「栗の天心 朱雀」のような栗あんではなく、生クリームやタルトになっております。なので、私のような栗好きだけではなく、栗尽くしのお菓子が苦手な方でも食べやすいお菓子になっております。

 

この「朱雀モンブラン」の今季の販売期間は2018年11月15日から2019年3月31日までで、主に『小布施堂』の通信販売、百貨店の特設店、またはふるさと納税などで入手することができます。

 

私の場合は、「MIDORI長野」の『小布施堂』で2019年1月2日から6日までの期間限定販売されていた時に、たまたま長野駅に訪れたタイミングで購入することができたのですよ。
 
 

『小布施堂』の「朱雀モンブラン」をいただきました。

 

さて、『小布施堂』の「朱雀モンブラン」を自宅でいただきました。

 

「朱雀モンブラン」はプラスチックの透明なケースに1つずつ入った状態で購入することができます。

 

 

こちら↑は、透明のプラスチックケースから取り出した状態です。

 

美味しそうに撮影できなくて、ゴメンなさい🙇。前もって先に謝っておきます!。

 

 

次に、こちら↑が半分に切った「朱雀モンブラン」の断面です。

 

「朱雀モンブラン」は、下からタルト・渋皮煮の刻み・カスタードクリームで土台が作られており、その上にカシス・スポンジ・栗あん・スポンジ・生クリームが乗せられ、それらを覆い隠すように栗をペーストにして素麺上したもので覆い隠すように盛られております。

 

味は分かりやすく言うと、栗が多めのモンブランケーキです。

 

スポンジの中にカシスの実がところどころに入っておりますので、甘さの中に酸味がアクセントになっております。また、栗に甘い味付けをせず、素材そのままの甘さで作っていると思われますので、しつこい甘さがなく、食べやすいです。

 

「MIDORI長野」のまとめと『小布施堂』の「朱雀モンブラン」をいただくポイント

 

「MIDORI長野」へのアクセス

「MIDORI長野」へは、JR東日本の北陸新幹線・信越本線・篠ノ井線・飯山線・しなの鉄道「長野駅」から徒歩1分です。

 

「長野駅」から直結ですので、雨にも濡れず、雪の心配もなく、安心していくことができます。

 

「MIDORI長野」の専用駐車場

 

「MIDORI長野」の周りには駐車場もありますので、車で行くことも出来ます。「MIDORI長野」専用の駐車場ではなく提携駐車場ですので、混んでいて駐車することができないこともあると思いますが、お盆正月以外は比較的駐車しやすいと思いますよ。

 

「MIDORI長野」の提携駐車場は主に3つです。

 

・JR長野駅駐車場

普通車20分毎に100円です。

また、「MIDORI長野」の店舗につきお買い上げ2,000円以上で1時間無料、3,000円以上で2時間無料になります。

 

・新正和パーキング

普通車30分毎に100円です。

また、「MIDORI長野」の店舗につきお買い上げ2,000円以上で1時間無料、3,000円以上で2時間無料になります。

 

・長野まちなかパーキング加盟駐車場(長野駅東口地下駐車場ほか)

駐車料金は各駐車場ごとに異なります。

また、「MIDORI長野」の店舗につきお買い上げ3,000円以上で100円券4枚サービスを受けることができます。

 

※長野まちなかパーキング加盟駐車場はホームページをご確認ください。

 

※長野まちなかパーキング加盟駐車場のうち、「MIDORI長野」では善光寺口パーキング第1、善光寺口パーキング第2は、駐車料金のサービス対象外ですので、ご注意ください。

 

『小布施堂』の「朱雀モンブラン」を購入する上での注意点

『小布施堂』の「朱雀モンブラン」を購入する注意点は、購入できる期間、購入の仕方が限られていることです。

 

まず「朱雀モンブラン」は販売は期間限定です。

2018年度は、2018年11月15日から2019年3月31日までです。

 

次に「朱雀モンブラン」の購入方法は、店頭販売と通信販売の2つです。

 

店頭販売の場合は、百貨店の『小布施堂』の特設店で購入できます。特設店がオープンするときは、『小布施堂』や各百貨店のホームページでお知らせされますので、「朱雀モンブラン」を購入したい方は注意してご確認ください。

 

通信販売の場合は、『小布施堂』のホームページで、2個から購入することができます。

 

また、意外な購入方法として、ふるさと納税でいただくこともできます。興味のある方はそれぞれのホームページを確認してみてください。

 


【ふるさと納税】朱雀モンブラン

 

『小布施堂』の「朱雀モンブラン」を食べる注意点

『小布施堂』の「朱雀モンブラン」を食べる注意点は、生菓子なので消費期限が大変短いことです。

 

店頭販売の場合は、購入時に店員さんがお知らせしてくれます。

 

また、通信販売の場合は冷凍された状態で宅配され、解凍後の消費期限は解凍したその日限りです。

 

『小布施堂』の「朱雀モンブラン」のまとめ

店頭販売1個1,620円(税込み)
通信販売2個4,860円(税込み)

※送料込み

サイズ縦11cm×横11cm×高さ12.5cm
アレルギー表示乳・卵・小麦・大豆
販売期間2018年度2018年11月15日~2019年3月31日

 

1度食べたかったお菓子ですので、新年早々購入することができて、ありがたい気持ちになりました!今度は小布施の本店や本宅へ行って、「栗の天心 朱雀」を食べてみたいと思います。

 

ということで、長野県に訪れた際には、ぜひとも『小布施堂』の「朱雀モンブラン」を購入してめしあがってくださいませ!ではでは(^^)/。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。何かの参考になれば幸いです。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019