この記事は約 4 分で読めます

茨城県つくば市の「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』で御朱印をいただきました。

こんにちは。

 

「筑波山の日」イベントかつ「山の日」に「筑波山」に登ってきました!今回は「筑波山・男体山」編です!。

 

「筑波山・女体山頂」に到着し「女体山御本殿」の参拝後、「御幸ヶ原」にて少し休憩してから、今度は「筑波山・男体山頂」を目指しました。

 

「御幸ヶ原」で休憩後でしたので、これがなかなかキツかったですよ!

 

やはり、どんな山であれ休憩は大事だと思いますが、本格的に休憩してしまうと再度登り始めるのって、ホントにツラいものなんですね!

 

ということで、今日は「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』にお参りに行って、御朱印をいただいてきたお話しをしたいと思います。

 

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』へのお参りと御由緒

 

「筑波山」は茨城県つくば市にある標高877mの山で、西側に標高871mの「男体山」、東側に標高877mの「女体山」の2つの峰が連なる山です。

 

そして「筑波山」は「筑波山神社」の御神山として祀られており、御本殿は「男体山」「女体山」のそれぞれの山頂に建てられております。

 

で、2つある御本殿のうち「女体山御本殿」でお参りはすでに済ませましたので、今回はもう一つの御本殿である「男体山御本殿」をお参りしました。

 

 

こちらの「男体山」も「女体山」と同様に、いにしえより神の山として信仰されており、日本神話の天地開闢(てんちかいびゃく)の縁起を基に、この「男体山」の山頂には「筑波男大神(つくばおのおおかみ)」として「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)」が祀られているんですよ。

 

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』で御朱印をいただきました。

 

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』でも御朱印をいただくことが出来ます。

 

御朱印は『男体山御本殿』の左側にあるお守りの販売所でいただくことが出来ます。

 

 

こちらが「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』でいただいた御朱印です。

 

「女体山御本殿」と同様、天候や時季によっては「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』に人がいなく、御朱印をいただくことができないときもあるようです。

 

天候が悪かったり、「筑波山」で何か催し物があるときは、山頂で御朱印がもらえるかどうか「筑波山神社」で確認しても良いと思います。

 

また、これも「女体山御本殿」と同様になりますが、もし山頂に人がいないときは、「筑波山神社」で「男体山御本殿」の御朱印をいただくことができますが、実際に山頂でいただいたときは「登拝」、「筑波山神社」いただいたときは「遥拝」と印が異なるんですよ。

 

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』のまとめと御朱印をいただくポイント

 

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』へのアクセス

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』までは、つくばエクスプレス「つくば駅」から筑波山シャトルバスで「筑波山神社入口」まで行き(約36分)、筑波山ケーブルカーで「宮脇駅」から「筑波山頂駅」まで登り(約8分)、「筑波山頂駅」から徒歩で約10分です。

 

今回私は筑波山シャトルバス「つつじヶ丘」から登山コース「おたつ石コース」を徒歩で登って「筑波山・女体山頂」の「女体山御本殿」まで行き、「女体山御本殿」から「御幸ヶ原」を通り『男体山御本殿』まで行きました。

 

「御幸ヶ原」で休憩をしてから『男体山御本殿』を目指したせいか、体がなかなか言うことを聞かずツラかったです!。

 

日頃の運動不足が露呈してしまいましたね。

 

「筑波山」の「御幸ヶ原」ではお茶屋さんがありまして、お酒も飲める環境になっております。が、「男体山頂」までは岩場で危険ですので、お酒は下山する時までガマンすることをオススメします。

 

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』を参拝する上での注意点

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』の前では、飲食禁止です!

 

また「御幸ヶ原」でお酒を飲むことができますが、お酒を飲んで神前に行かないほうがよいと思います。

 

お参りをすませてから、一杯やりましょ!

 

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』の御朱印をいただく注意点

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』で御朱印をいただいた時、待ち時間はありませんでした。

 

こちらも「女体山御本殿」と同様、お守りの販売所には「御朱印」の文言は一文字も書いてありませんので、念のため販売所の人に書いてもらえるかどうか確認したほうが良いと思います。

 

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』の情報のまとめ

「筑波山神社」周辺の駐車場:普通車500円

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』のオリジナル御朱印帳:無し

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』の拝観料:無料

「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』の御朱印の初穂料:300円

販売所の対応時間:9:00~17:00

※販売所の対応時間は「筑波山神社」の社務所の対応時間と同じだと思われます。

 

この後、「御幸ヶ原コース」を徒歩で下山して「筑波山神社」に無事下山できたお礼参りをする予定でしたが、天候と時間の関係で筑波山ケーブルカーで下山してしまいました。

 

次は天気の良い日に『男体山御本殿』から「薬王院コース」を通って「椎尾山薬王院」を目指したいと思います!

 

ということで、茨城県のつくば市に訪れた際には、ぜひとも「筑波山・男体山頂」の『男体山御本殿』にお立ち寄りあれ!ではでは(^^)/。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。何かの参考になれば幸いです。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017