この記事は約 3 分で読めます

埼玉県川口市鳩ヶ谷の『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』で2017年「謹賀新年」の御朱印をいただきました。

新年明けましておめでとうございます。

 

このブログも2年目に突入しました。本年も一生懸命ブログを更新していますので、よろしくお願いします。

 

さて、皆さんはお正月休みはどうお過ごしですか?

 

私は運動もかねて、さっそく新年の神社巡りをしてきました。

 

ということで、今日は新年神社巡りの1カ所目『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』に新年のお参りに行って、御朱印をいただいてきたお話しをしたいと思います。

スポンサーリンク

『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』へ新年のご挨拶

 

前回の『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』の「おかめ市」の時も書きましたが、『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』の正式名は「氷川神社」です。

 

ですが、ただ「氷川神社」だと各地の「氷川神社」と混同してしまうため、このブログでは『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』と書かせていただきます。

 

埼玉高速鉄道「鳩ヶ谷駅」で下車して、鳩ヶ谷の町を見回しても人通りも少ない静かな町なのに、『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』に近づくにつれて少しずつ人通りが多くなり、『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』の鳥居をくぐった時はこの混雑。しかも警備員さんが整理までしている始末・・・。

 

 

行列の長さは40~50mぐらいあったと思います。

 

「おかめ市」の時も参拝者で行列が出来ており、「おかめ市」の時だけの現象かと思っていたら、まさか新年の初詣ででも行列が出来ているとは思っておりませんでした。

 

「マジか・・・」とガックリしながら並び、30分くらいして自分の番になり無事お参りを済ませ、御朱印をいただきにいきました。

 

スポンサーリンク

 

『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』の「謹賀新年」の御朱印をいただきました。

 

境内の本殿の左側にある「社務所」で御朱印をいただくことが出来ます。

 

『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』のホームページでも公表されていましたが、年始は神事や神事準備で人手不足であるため、の1月1日から1月9日までの御朱印は書き置きのみの対応になるそうです。

 

画像からも分かると思いますが、境内の賑わいとは反対に社務所は全然混んでおりませんでした。ということで、あっという間に御朱印をいただいてしまいました。

 

 

 

これが今回いただいた『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』の「謹賀新年」の御朱印です。相変わらず、鳩が可愛い(^^)。

 

今度は『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』の御朱印帳を購入して、実際に浄書していただこうと思います。

 

『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』の「謹賀新年」の御朱印をいただくポイントのまとめ

 

各ホームページの交通アクセスだと『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』は埼玉高速鉄道「鳩ヶ谷駅」より徒歩5分となっていますが、実際には7分~8分くらいです。

 

埼玉高速鉄道はあまり有名な地下鉄ではありません。埼玉高速鉄道は東京メトロ南北線の直通運転で運行している地下鉄です。なので東京から来る場合は、東京メトロ南北線の「赤羽岩淵駅」から下り側が埼玉高速鉄道の路線となります。

 

また、『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』の駐車場はあります。新年の初詣の時期も参拝者で混雑しておりますが、地元の参拝者の混雑なので駐車場はそんなに混んでいないと思われます。

 

『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』の「謹賀新年」の御朱印をいただいたときは、今回も全然待ちませんでした。やはり観光地ではないせいか、この地域まで御朱印をいただきに来る参拝者が少ないのでしょうね。

 

その他の『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』の情報は下記の通りです。

『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』の駐車場:有り

『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』のオリジナル御朱印帳:有り

『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』の「謹賀新年」の御朱印の初穂料:300円

社務所の対応時間:8:30~17:00

※年中行事の時は対応時間に変更があると思われます。

 

地元の方に愛されている神社です。埼玉県川口市の鳩ヶ谷に訪れた際には、ぜひとも『鳩ヶ谷総鎮守氷川神社』にお立ち寄りあれ!ではでは(^^)/。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。何かの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
パンダバナー