この記事は約 4 分で読めます

埼玉県さいたま市大宮区の『武蔵一宮氷川神社』に2017年新年のお参りをしてきました。

こんにちは。

 

アッという間に正月休みが終わり、寂しさたっぷりの虎部です。

 

皆さん、お祓いは受けたことはありますか?私は毎年この『武蔵一宮氷川神社』で新年のお祓いを受けているです。今年で20年近くお祓いをしてもらっているので、さすがに私の通年行事になってしまいましたね。

 

ということで、今日は『武蔵一宮氷川神社』にお参りに行って、お祓いと御朱印をいただいてきたお話しをしたいと思います。

今年2017年は明治天皇御親祭から150年目です!

 

御親祭とは、天皇が自ら神を祀り、お告げ文を奉上するお祭りのことです。

 

明治維新が起こり、1868年の9月に年号が慶応から明治に改められると、明治天皇は直ぐに京都を出発し、1868年10月13日に江戸城に到着したといいます。

 

その4日後の1868年10月17日に『武蔵一宮氷川神社』に勅書を送り、『武蔵一宮氷川神社』を日本国の鎮守・勅祭の社と定めたそうです。

 

そして1868年10月28日に、明治天皇が『武蔵一宮氷川神社』に行幸し、御親祭を行ったとのことです

 

この2017年(平成29年)は、その明治天皇の御親祭から150年目にあたる年で、2017年(平成29年)10月28日は明治天皇御親祭150年の嘉節(めでたい日)として迎えるようです。

 

 

この日は1月7日で初詣には遅い時期になりますが、それでもたくさんの人が参拝に来ておりました。境内はたいへん賑やかでしたよ。やはり、話題はおみくじの結果だようでして、おみくじ売り場には人が殺到しておりました。

 

ちなみに、私は今年おみくじを引き忘れました(T_T)。

 

 

お祓いの様子は写真に撮ることができないので、言葉だけの説明になってしまいます。なので、写真は正月用の生け花を代わりに載せますが、ご了承ください。

 

まず、受付で祈願内容の用紙と自分が支払える初穂料を渡し、自分の名前がアナウンスされるまで、境内で待ち続けます。

 

通常はストーブが完備された控室で待つことになりすが、今年は控室に入りきらなかった場合に備えて外に多数のストーブが備えられた待合い場が設けられていました。

 

 

境内のアナウンスで自分の名前が呼ばれたら、拝殿へ向かいます。拝殿の中で50人ぐらいが整列し、宮司から祝詞をあげてもらい、そのあと祈祷殿でお札をいただいて、おしまいです。

 

毎年、宮司さんの祝詞をあげている聞いていると、「健康祈願」「合格祈願」が多いですね。やはり、これから受験シーズンに突入しますので、仕上げの神頼みなのでしょうか。

 

私はもちろん「商売繁盛」です!個人名での「商売繁盛」祈願は私ぐらいですが、なかなか「商売繁盛」を祈願する人って少ないんですよね・・・。

 

お金があっての健康・学業だと思っていますが、まぁ変な話になりますので、ここで止めます(-_-)。

 

スポンサーリンク

 

『武蔵一宮氷川神社』の御朱印をまたいただきました。

 

平時は境内の拝殿の左側にある「神札授与所」で御朱印をいただくことが出来ますが、今回は楼門と東門の角に「御朱印受付」が開設されていました。

 

今回の御朱印をいただく方は2~3人でしたが、5分くらいの待ち時間でいただくことが出来ました(^^♪。

 

 

こちらが今回いただいた『武蔵一宮氷川神社』の御朱印です。

 

って何度もいただいているので、改めてお知らせする必要もないのですが、御朱印の書式が変わっていたので、今回敢えてお知らせしました。

 

この書式に変わったのは、御朱印を書いてくれる人で違うのか、平成29年版なのか確認してみる必要がありそうですね。

 

また『武蔵一宮氷川神社』の御朱印をいただいた時に変化がありましたら、お知らせしたいと思います。

 

『武蔵一宮氷川神社』の御朱印をいただくポイントのまとめ

 

ホームページなどの交通アクセスでは『武蔵一宮氷川神社』までJR東日本「大宮駅」・東武アーバンパークライン(東武野田線)「大宮駅」から徒歩15分と書かれていますが、参道には出店が立ち並び混んでいるため、正月の年始の時は30分から1時間くらいかかります。

 

また、『武蔵一宮氷川神社』には大きな駐車場がありますが、正月の年始は『武蔵一宮氷川神社』の駐車場は大変混んでおります。駐車場に入るための待ち時間も考慮したほうがよいです。

 

今回『武蔵一宮氷川神社』の御朱印をいただく場所が「神札授与所」から「御朱印受付」に変更されていました。楼門と東門の角に設置されていましたが、すぐにわかると思います。

 

その他の『武蔵一宮氷川神社』の情報は下記の通りです。

『武蔵一宮氷川神社』の駐車場:有り

『武蔵一宮氷川神社』のオリジナル御朱印帳:1,000円

『武蔵一宮氷川神社』の御朱印の初穂料

   御朱印帳持参の場合:300円

   書き置きの場合:500円

神札授与所の対応時間:8:30~16:30

 

余談ですが、私の取引先は今年は10日までお休みでした。良いなぁ。私もそのくらいゆっくりお休みしたかったです。仕方ない。勤め人の宿命ですね。

 

ということで、今年は明治天皇御神祭150年目ですので、埼玉県のさいたま市大宮に訪れた際は『武蔵一宮氷川神社』にお立ち寄りあれ!ではでは(^^)/。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。何かの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク