この記事は約 6 分で読めます

『モルディブ共和国』のリゾートホテルを選ぶ5つのチェック項目

モルディブ共和国へは大抵、新婚旅行や記念旅行で行く日本人は多いです。

 

ましてや新婚旅行や記念旅行だと地元の方々が住む居住地域(ローカルアイランド)ではなく、観光のために開発されたリゾートホテルの島(リゾートアイランド)に滞在するのが一般的だと思います。

 

ですが、モルディブ共和国にはリゾートは約140あり、はっきり言って、パッと見、どこのリゾートもキレイすぎて、どれも同じよう見えてしまうのではないでしょうか(特に男性は・・・)。

 

そこで、今日はモルディブ共和国の自分好みのリゾートを選ぶためのチェックしたいポイントをお話ししたいと思います。

 

自分なりの判断基準を定めて、リゾート選びをすれば、きっと満足いくリゾートを見つけることができると思いますよ!それではお話ししていきましょう(^^)/。

 

チェック1:リゾートへの行き方をチェックする。

 

小さな島々からなるモルディブ共和国では1島1リゾートが基本です。

 

そのため、日本からモルディブ共和国の国際空港・マーレ国際空港に到着したら、自分たちの滞在するリゾートホテルに行かなければなりません。

 

が、大抵は自分たちが予約した旅行会社の係員やリゾートホテルのスタッフが迎えに来てくれていますので、問題ありません!

 

マーレ国際空港から近いリゾートならドーニかスピードボードで送迎されますし、少し遠いリゾートであれば水上飛行機で送迎されます。

 

また、とても遠いリゾートの場合は、旅行会社の係員と一緒に国内線飛行機の定期便を利用して行くことなります。

 

で、注意したい点は、少し遠いリゾートへ水上飛行機で行く場合です。

 

日本からモルディブ共和国のマーレ国際空港に到着するのは大抵夜間なのに、水上飛行機は夜間運航はされておりません。到着後、マーレ国際空港の近くのホテルか、周辺の島のホテルに1泊して、翌日早朝に目的のリゾートに移動することになります。

 

これは、水上飛行機は明るく視界が良い時での飛行(有視飛行)が原則ですので、仕方がないことなのです。

 

なので、せっかくモルディブ共和国まで来たのだから、一刻も早く目的のリゾートに行きたい方は、マーレ国際空港から近いリゾートか、とても遠いリゾートを選んだほうが良いと思います。

 

 

チェック2:日本人スタッフの有無や日本語が通じるかをチェックする。

 

海外に慣れていて外国語が流暢な場合は良いのですが、外国語に不安がある方は、日本人スタッフがいる、または日本語が通じるスタッフがいるリゾートを選んだほうが断然良いです!

 

たとえば、目的のリゾートでアクティビティやエクスカーションをする際、まず説明を受けます。この時の説明は、やはり日本語で聞いたほうが良いですよ。

 

また、あまり考えたくありませんが、急病や緊急時の対応は、自分自身が焦ってしまい、うまく説明できなくなってしまいますので、日本語で対応してもらったほうが、よりスムーズに対処をしてくれると思います。

 

私の性格の話になってしまいますが、外国といえど万全な備えはしたいですし、せっかくリゾートに来たのですから、日本語で自分たちの希望をしっかり話して実現させて帰りたいですよね!

 

 

チェック3:オールインクルーシブがあるかをチェックする。

 

日本からモルディブ共和国への旅行する場合、日本からモルディブ共和国までの往復の航空券と宿泊費が通常料金になります。

 

往復の航空券と宿泊費の通常料金に食事代が含まれていることが多いですが、大抵は、何か飲んだり食べたり、アクティビティやエクスカーションに参加したり、用具や道具をレンタルした場合は全て別料金になります。

 

この別料金は、なかなか怖いのですよ・・・。お金を出す側としては・・・。

 

そこで、チェックしたいのが目的のリゾートにオールインクルーシブがあるか否かです。

 

オールインクルーシブを分かりやすく説明すると「料金込み込みプラン」のことで、一般的には食事のプランに適用されます。朝・昼・晩の食事とアルコールを含む食事中の飲み物飲み放題が宿泊費に込み込みなるのが、基本的なプランとなります。

 

で、この基本的なプランに各リゾートごとにプラスαがありまして、アクティビティやエクスカーション、またはスパの料金まで込み込みのリゾートがある場合があります。

 

このオールインクルーシブは通常料金に比べて割高の料金になっていますが、リゾートで昼間はたくさん遊び、夜はお酒をたくさん飲みたい方には、トータル的に料金は割安になると思いますよ!

 

 

チェック4:リゾートで行えるアクティビティやエクスカーションが充実しているかをチェックする。

 

目的のリゾートにチェックインしたら、まずコンシェルジュやバトラーに自分たちがしたいことを相談することになると思います。

 

日本人スタッフや日本語が通じるリゾートだと、この時に楽なんですよ!

 

客室やビーチでのんびり過ごすのも良いですし、マリンスポーツをしに行くのも良いと思います。

 

また、何をして良いのか分からなくなったら、アクティビティデスクやツアーデスクに相談しに行って、オススメのアクティビティやエスカーションを教えてもらうのも良いと思いますよ!

 

で、さらにこの時にオールインクルーシブだと、金銭的にも安心して遊んでくることができるのですよ!

 

 

チェック5:リゾートのレストランやバーでの食事の種類が充実しているかをチェックする。

 

モルディブ共和国では1島1リゾートですので、宿泊費に食事代が含まれていることが多く、決められた時間内に決められたレストランで食事をすることになります。

 

ですが、リゾートの規模によって、このレストランやバーの軒数が異なってきます。敢えてレストランを1軒しか用意しないリゾートもあれば、レストランを10軒以上用意しているリゾートもあります。

 

で、レストランやバーの何をチェックするのかというと、食事の種類の豊富さ・充実さをチェックする必要があるのですよ。

 

何故かというと、滞在期間(大抵、約1週間)はこのリゾートのレストランだけで食事をすることになります。毎日、3食同じ内容の食事をすると、食事に飽きますよ・・・。

 

なので、リゾートの中には日本食やフレンチ、イタリアンなど料理の種類が豊富なリゾートもありますので、食事の充実さをチェックして美味しい食事をすれば、より楽しい旅行になりますよね!

 

また、アルコールを飲みたい方はオールインクルーシブを検討しても良いと思います。

 

 

『モルディブ共和国』のリゾートホテルを選ぶ5つのチェック項目のまとめ

 

モルディブ共和国の多数あるリゾートホテルは一見全部同じ内容に見えてしまいますが、自分の希望を定めて、リゾートホテルを探すと、リゾートホテルの違いが随分と見えてくる思います!

 

で、私自身は自分の希望をまとめて、全部旅行会社に伝え、旅行会社に提案してもらいます!旅行は計画するのが一番楽しいかもしれませんが、自分の知らない文化や風習のある国へ旅行するときは、やはり怖さがあるんですよね。

 

また、私自身が時間的にリサーチ不足になってしまうこともありますし、旅行会社は自分が考えていない不足事項・注意事項の指摘をしてくれますので、私は旅行会社にお願いして、各々プランの作成や見積もりを出してもらったほうが、一番安心したプランを作ってもらえると私は思っております。一度お試しあれ。

 

 

文章が長くなってしまいましたので、今日はこれでお終いにしたいと思います。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。読んでくださった方の何かの参考になれれば幸いです。では(^^)/。
 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019