パナソニックのルミックスDMCーTZ85を購入して随分経ちました。

 

パナソニックのルミックスDMCーTZ85が新発売した直後に購入しましたので、その当時は専用ケースも何も販売されてなく、オフィシャルの専用ケースもどこか古臭い雰囲気でしたので、専用ケースを購入せずに本体のままで持ち運び、使用しておりました。

 

でも当たり前ですが、本体のまま持ち運ぶのって、大変良くない方法なのですよね。

 

で、結局、購入しました。専用ケースではありませんが・・・。

 

ということで、今日は私が購入したパナソニックのルミックスDMCーTZ85を持ち運ぶために購入したもののお話をしたいと思います。

 

パナソニックのルミックスDMCーTZ85を持ち運ぶために購入したもの

 

私がパナソニックのルミックスDMCーTZ85を持ち運ぶために購入したもののは、「ノーマディック」のクッションポーチです。

 

ポーチと言えば、可愛い?カッコよい?感じがありますけど、簡単に説明すると男性向けのウレタンの巾着袋です。

 

サイズも適当だし、価格も値ごろだし、で、東急ハンズで見つけて購入してしまいました。

 

というのも実は、自分でカメラを買ったのはパナソニックのルミックスDMCーTZ85が初めてだったのですよ。

 

で、周りのカメラ愛好家を見ているとカメラのほかにしっかりとケースなどの付属品も持っているじゃないですか。

 

なので、自分もケースなどをしっかりと用意しなくてはいけないと最初は活き込んでいたのですよ。

 

ですが、実際に液晶保護シールを買って、SDカードを買って・・・など電卓を叩くと結構費用がかさんで、その当時の私の予算を超えてしまっていたのですね。

 

で、ケースまでお金が回らないということでケースは後回しにしてしまったのです。

 

その後、冒頭の文章にも書きましたが、最初は本体のまま持ち運び、写真撮影していたのですが、さすがに本体のままの持ち運びは良くないと改めて思い、「そもそもカメラは撮るためのものであって、持ち運びの時だけしっかりと守れれば良いのだから、専用ケースでなかったり、カッコよいケースでなくても良いではないか!」と開き直って、探し出したのが「ノーマディック」のクッションポーチだったのです。

 

 

パナソニックのルミックスDMCーTZ85を「ノーマディック」のクッションポーチの中に入れてみる。

 

「ノーマディック」のクッションポーチの中はこんな感じになっております。ウレタンの巾着袋ですので、周りのスポンジで中のものを守る感じになっております。

 

iphoneでフラッシュ付きで撮影したので、中は見えますが、色がおかくなってしまいました。

 

 

実際に中にパナソニックのルミックスDMCーTZ85を入れて、

 

 

巾着袋の紐を締めるとこんな感じになります。

 

こちらは上からの視点。

 

 

で、こちらはパナソニックのルミックスDMCーTZ85を入れた状態で横に置いた時です。

 

 

ね?そんなにおかしくないでしょ?

 

今のところ私の持ち運び専用ポーチとして使用しておりますが、このポーチでパナソニックのルミックスDMCーTZ85に何か傷がついたり、壊れたりしたことはないです。

 

このポーチ自身も破けることもないので、かなりお気に入りで使っております。

 

おそらくですが、パナソニックのルミックスDMCーTZ85から他のデジタルカメラに買い変えても、このクッションポーチは使い続けると思いますよ。

 

パナソニックのルミックスDMCーTZ85のために購入した「ノーマディック」のクッションポーチのまとめ

 

私が使っている「ノーマディック」のクッションポーチを紹介しました。

 

2019年で早4年使っていますが、未だに他のケースを購入しなくてよいほど重宝しております。

 

私が購入した「ノーマディック」のクッションポーチのサイズと値段です。縦17cm×横10cm、重さ30g、値段は消費税抜きで約820円です。

 

他のデジタルカメラも入れることができると思いますので、デジタルカメラのケースを何にして良いか迷っている方は、一度お店に行って確認しに行っても良いと思いますよ!

 

短い文章で恐縮ですが、読んでくださった皆様の何かのご参考になれれば幸いです。ではまた(^^)/。

 



 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019