この記事は約 3 分で読めます

東京都大田区大森北の『磐井神社』で7月限定の御朱印をいただきました。
スポンサーリンク

こんにちは。虎部です。

 

異例の動きをする台風も無事過ぎ、東京に暑さが戻ってまいりました。東京以外の地域では、大雨で甚大な被害がでており、気の毒に思っております。一刻も早い復興をお祈りいたします。

 

さて7月もアッという間に終わりに近づき、毎月恒例の『磐井神社』にお参りに行ってきました!

 

ということで、今回は『磐井神社』にお参りして7月限定御朱印をいただいてきたお話しをしたいと思います。

 

『磐井神社』の7月限定の御朱印について

 

『磐井神社』では、毎月限定の御朱印が授与されます。

 

2018年(平成30年)の7月は「花火御朱印」と6月24日から7月8日にかけて「大祓御朱印」が授与されました。

 

 

『磐井神社』の境内はその月限定御朱印の絵柄と同じ様子にしていますので、毎月「えらいなぁ~」と感心しながらお参りしています。

 

で、7月限定の御朱印は花火の絵柄でした。さすがに境内で花火の打ち上げはしなかったでしょうね(私は地方住まいですので、お祭りか何かで花火の打ち上げをしていたら、ごめんなさいです)。

 

ちなみに、本殿の斜め前に風鈴と朝顔が飾ってありました。

これは8月限定の御朱印の絵柄になるのでしょうね。

 

『磐井神社』の7月限定御朱印をいただきました。

 

さて、今回も御朱印をいただいてきました。

 

『磐井神社』の御朱印は境内の本殿の左側にある「社務所」で御朱印をいただくことが出来ます。

 

7月限定の御朱印は「花火御朱印」と「大祓御朱印」の2種類で、墨書きと書き置きの好きな方をいただくことが出来ます。

 

 

こちらが今回いただいた「花火御朱印」です。

 

「大祓御朱印」は6月にいただきましたので割愛します。

 

花火の季節到来ですね。ちょうどこの日は隅田川の花火大会でした。隅田川の花火の始まりは、江戸でコレラが大流行した翌年の慰霊・無病息災・悪霊退散を願って行われたものでしたね。

 

今年も天候不順により、各地で被害がでております。毎年の被害を気の毒に思っておりますが、夏の風物詩の花火を見て少しでも元気を出して、早い復興を願っております。

 

『磐井神社』のまとめと7月限定御朱印をいただくポイント

 

『磐井神社』へのアクセス

『磐井神社』へは、JR東日本・京浜東北線「大森駅」から徒歩10分、京浜急行「大森海岸駅」から徒歩3分のところにあります。

 

今回もJR東日本・京浜東北線「大森駅」から徒歩で行きました。

京浜急行「品川駅」→「大森海岸駅」→『磐井神社』よりも京浜東北線「大森駅」→『磐井神社』の方が時間的に早い気がします。

 

『磐井神社』の専用駐車場

 

『磐井神社』は参拝者専用駐車場もありますので、車で行くことも出来ますが、参拝者専用といえど祈願者専用だと思われます。車で行かれる際は一度社務所に連絡して確認してみることをオススメします。

 

また、『磐井神社』の参拝者専用駐車場は境内の砂利の広場です!

 

境内の隣の駐車場は他所の月極駐車場ですので、間違えないように気を付けてください。

 

私の印象としては『磐井神社』は国道15号(第一京浜)の上り線沿いにありますので、電車で行く方が楽な気がしますよ。

 

『磐井神社』を参拝する上での注意点

『磐井神社』に参拝する上での注意点は特にないと思われます。

 

『磐井神社』の御朱印をいただく注意点

『磐井神社』の御朱印をいただく注意点も特にないと思われます。

 

今回の『磐井神社』の御朱印は、社務所の待ち人が1人もいませんでしたので、すぐにいただくことができました。

 

『磐井神社』の情報のまとめ

『磐井神社』の駐車場:有り(祈願希望者専用だと思われます。)

『磐井神社』のオリジナル御朱印帳:無し

『磐井神社』の7月限定御朱印の初穂料:300円

『磐井神社』の7月限定御朱印の授与期間:

  花火御朱印:7月1日から7月31日まで

  大祓御朱印:6月24日から7月8日まで

社務所の対応時間:9:30~16:30

 

さぁ、8月になりますね!夏休みだ\(^o^)/!

8月は1日から5日まで「例大祭限定御朱印」が書き置きのみで授与されるようです。よし!暑いけど、頑張ってお参りに行くか!

 

ということで、東京都の大森に訪れた際には、ぜひとも『磐井神社』にお立ち寄りあれ!ではでは(^^)/。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。何かの参考になれば幸いです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018