この記事は約 8 分で読めます

『2016年・年末年始』国内旅行人気ランキング・トップ5

こんにちは。

 

2015年12月3日に私が調べものするときにお世話になっている「一般社団法人 日本旅行業協会」から2016年の『年末年始・旅行動向調査』で国内旅行人気ランキング・トップ5が発表されました。

 

この『年末年始旅行動向調査』は、日本国内の大手旅行会社6社(「ANAセールス㈱」「近畿日本ツーリスト個人旅行㈱」「㈱JTB」「㈱JALPAK」「㈱日本旅行」「㈱阪急交通社」)の動向調査(2015年11月下旬の予約状況)をまとめたものですので、非常に参考になるデータです。

 

ただランキングだけをお話ししても面白くないので、その都市の「温泉の人気スポット」も一緒に紹介したいと思います。

 

ということで、こんなブログでの発表で恐縮ですが、「温泉の人気スポット」を交えながら2016年の『年末年始・旅行動向調査』で国内旅行人気ランキング・トップ5のお話をします。

 

『2016年・年末年始』国内旅行人気ランキング・第5位

「九州」(昨年4位)

 

2016年の年末年始ランキング「第5位」は「九州」です。

 

「九州」と少しざっくり感があるランクインです。

 

「長崎」の「ハウステンボス」を中心に世界遺産などが人気のようです。地図で「九州」を見ると大きいイメージがありますが、実際に行くと新幹線や高速道路が整備されていますので、意外と多くの観光地が回れるようになっています。

 

ただ、最近夏から秋にかけて台風や大雨の影響で災害が毎年のように起こっていることが気がかりですね。

 

「九州」で温泉の人気スポットといえば、大分県の「別府」「湯布院」が有名だと思います。大分県は日本でも有数の名湯がある県ですが、中でも「別府」の温泉は面白い活動をしているなぁと個人的に注目しています。

 

上の画像は、「別府」の国指定名勝「海地獄」です。温泉の色がコバルトブルーで、地獄とは思えないキレイな色になっています。

 

大分県内では「別府」と「湯布院」で温泉の優劣をバチバチと競い合っているようですね。まぁ、別府市の長野恭紘市長がメディアに出る機会が多く、「別府」のアピールでは一歩前に出ている感があります。

 

まぁ、私たち観光客はどちらも良い温泉地なので優劣の判断はできませんので、両者に勝手にやらせておきましょ!

 

※別府温泉で全体的に評判の良いホテルです!

 

『2016年・年末年始』国内旅行人気ランキング・第4位

「北陸」(昨年11位)

 

2016年の年末年始ランキング「第4位」は「北陸」です。

 

北陸新幹線開業以来、人気が継続しているようです。東京から2時間30分で金沢に着いてしまうので、この行きやすさが人気の要因なのではないでしょうか。

 

新幹線で金沢駅に着いても、金沢駅から各温泉地へ向かうにはレンタカーが楽だと思います。ですが、この石川県はなかなか難しい観光地でして、金沢などの都市は駐車場が少なかったり道路が狭かったりでレンタカーでは回りづらく、逆に地方へはレンタカーがないと回れない県です。石川県を観光する際は、移動手段の計画を良く立てて観光することをオススメします。

 

「北陸」で温泉の人気スポットといえば、石川県の「和倉温泉」が有名だと思います。石川県も日本で有数の名湯がある県で「和倉温泉」は「加賀屋」が関東でも有名ですね。

 

毎年1月に「和倉温泉」では「和倉温泉冬花火」という大きな花火大会があり、冬の「和倉温泉」の風物詩になっています。

※毎年1月に行われていた「和倉温泉冬花火」は、2017年から「和倉温泉春花火」として毎年4月に行われるようになりました。ちょっと残念です。

 

※和倉温泉で全体的に評判の良いホテルです!

 

『2016年・年末年始』国内旅行人気ランキング・第3位

「大阪」(昨年2位)

 

2016年の年末年始ランキング「第3位」は「大阪」です。

 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの人気が「大阪」の観光の下支えをしているようですが、2016年はNHKの朝の連続ドラマ「あさが来た」の人気も「大阪」の観光に大きく貢献しているようです。

 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの人気を取り上げているのに、画像は「海洋館」です。

 

「大阪」で温泉の人気スポットといえば「なにわ温泉」が有名だと思います。・・・ていうか、そもそも「大阪」にも温泉があるって知ってましたか?

 

このブログは私の地元・関東の人が読むことを前提に書いてますので、「大阪」に温泉があることを知らない人が多いと思います。でも、ちゃんと立派な温泉があるんですよ!それも「大阪駅」や「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の周辺に!

 

私の思いこみで恐縮ですが、「大阪」の「なにわ温泉」は温泉旅館というよりも銭湯やスパのようなイメージがあります。でも、ここ最近「大阪」の開発で、「なにわ温泉」をホテルの大浴場に利用するホテルが多く出てきた感じがします。

 

なので、出張で大阪に来て温泉で疲れを癒すこともできますし、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで遊んでから温泉でさらに癒されることもできますし、「大阪」は非常に便利な街に変わりつつあるんですよ。

 

※ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに直近の温泉ホテルです!

 

『2016年・年末年始』国内旅行人気ランキング・第2位

「沖縄」(昨年1位)

 

2016年の年末年始ランキング「第2位」は「沖縄」です。

 

「沖縄」の冬の暖かさが魅力なようで、沖縄本島だけでなく石垣島や宮古島などの離島も人気があるようです。確かに「沖縄」の冬は確かに暖かいは暖かいのですが、暖かく感じるのは日本の北国にいる方たちであって、「沖縄」の方たちは寒いと思っているようですよ。知り合いのご自宅を訪問した時、ご自宅にこたつがあるのを発見しました!(笑)

 

「沖縄」で温泉の人気スポットといえば「琉球温泉」が有名だと思います。・・・ていうか、そもそも「沖縄」にも温泉があるって知ってましたか?て、あれ?このくだり第3位の「大阪」大阪でもやりましたね。

 

「沖縄」はリゾート化されてますので、温泉というイメージもなく、敢えて温泉を探さないと出てこない感じですが、ちゃんと「沖縄」の那覇市に温泉はあるんですよ。

 

那覇市の南部に温泉は多く見られ、日帰り温泉やスーパー銭湯などの大浴場だけでなく、温泉プールになっている場合があります。

 

温泉の性質は海水が染み込んだ泉質を利用しているので、味は大変塩っぽく、お湯の色は黄色か無色透明になっています。

 

※「沖縄」の温泉といえば、ココっていわれるホテルです!

 

『2016年・年末年始』国内旅行人気ランキング・第1位

「東京(TDRを含む)(昨年3位)

 

2016年の年末年始ランキング堂々の「第1位」は「東京」です。

 

東京ディズニーランドの人気があり、年末年始のカウントダウンイベントが人気に拍車がかかっているようです。

 

それにしても、東京ディズニーランドにどれだけの人が来ているんですかねぇ。入園料の値上げをして混雑具合を調整しているようですが、混雑状況はあまり変わっていないようです。東京の観光は東京ディズニーランドに支えられていますね!

 

「東京」は地名での温泉地はありませんが、温泉の人気スポットといえば東京・品川の「大江戸温泉物語」が有名だと思います。ですが、東京には名前がない温泉が点在していますので、その1つを紹介したいと思います。

 

私がオススメする温泉ホテルは東京・上野の「水月ホテル鴎外荘」です。「水月ホテル鴎外荘」は敷地内に天然温泉が沸いていて、この天然温泉は東京都内第1号に認定されています。

 

また、東京・上野は文豪・森鷗外との繋がりが深く、「水月ホテル鴎外荘」の館内には鷗外の旧居が残っており、森鷗外の処女作「舞姫」を執筆した部屋が現在も残っているんですよ。

 

「水月ホテル鴎外荘」は宿泊だけでなく、宿泊無しの食事と入浴だけのデイユースができるホテルです。

 

東京・上野には東京国立博物館、国立西洋美術館、国立科学博物館、恩賜上野動物園などの文化施設が点在してますので、これらを見学した後に「水月ホテル鴎外荘」で一休みして文学に耽るのも乙なものですよ!

 

※東京・上野の森鴎外に縁のあるホテルです!

 

『2016年・年末年始』国内旅行の動向とまとめ

 

2015年末と2016年始の日並びの影響で、海外旅行よりも国内旅行の方が好調なようです。

 

「北陸」などのように北陸新幹線開通の効果で人気が継続している観光地もありますが、カニやブリなど冬の味覚を味わうツアーが人気になっている観光地もあるようです。なので、画像は冬の味覚「越前ガニ」にしてみました。

 

また、「九州」のハウステンボス、「大阪」のユニバーサル・スタジオ・ジャパン、「東京」の東京ディズニーランドは常に人気があるテーマパークですが、大晦日から元旦へのカウントダウンイベントでさらに人気に拍車がかかっているようです。

 

以上、『2016年・年末年始』国内旅行人気ランキング・トップ5でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。皆様の旅のご参考になれば幸いです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017